2006年10月アーカイブ

cottage-cheese1.jpg
いつもお世話になっている飯田牧場さんに牛乳を沢山いただきました。飯田さんから「カッテージチーズ」の作り方を教わったので、早速作ってみました。作り方は簡単牛乳を鍋で暖めて、酢をいれて濾すだけです。ただそれだけ。

udeakasai1.jpg
千葉県や落花生の産地では当たり前の食べ方ですが、落花生を殻のまま茹でて食べるのはご存じでしょうか?最近スーパーなどでも冷凍の茹で落花生も出回っていてかなり広まってきている食べ方ですが、生の落花生が手にはいる地域でないと食べる習慣がないので、なかなか食べる事はできないのでしょう。

掘り立ての生落花生を塩水で40分ぐらゆでると出来上がりです。我が家では圧力釜でやるので10分ぐらいでできます。豆がかなり塩水を吸い込むのでこの塩加減が適当でないとおいしさが引き立たない感じがします。海水濃度の2~3%位でしょうか。カリっとした乾いたピーナッツもいいけど柔らかいサッパリとした茹で豆もとてもおいしいですよ。殻を剥くのがちょっと面倒ですが、それすら忘れて夢中でほうばってしまいます。

落花生の成分に脳を活性させるレシチンが含まれて、記憶力や痴呆症の予防にも効果があると考えられているそうです。

lakasai1.jpg
落花生は南京豆とも言いますけど、元々は南米アンデスが原産でメキシコ、北米から伝わったらしいのですが、日本には江戸時代中国から伝わったのが由来だそうですけど、栽培は明治時代に入ってから神奈川県で始まり、千葉、茨城でも栽培が盛んになったようです。館山では県北ほど盛んにではありませんが、小規模の畑は良く見かけます。落花生の葉には貯水細胞という細胞をもち水を自分で蓄えておける機関をもっていて南米原産というのもわかるきがします。
lacasainoha1.jpg
7月に咲いていた落花生の花です。この花が受粉後地面に伸びて行くます。

ススキ

| コメント(3) | トラックバック(0)

susuki1.jpg
ススキの穂を見かけるようになりました。ススキと言えば箱根仙石原が有名ですが、房総半島の山間などでは9月中旬には見かけますが、館山では比較的遅い時期10月に入ってからに見かけます。とはいっても、穂先が伸びて開くようになるとススキの存在に気づくわけでもっと早い時期から株は生育しているはずです。分類はイネ科ですね。

noyaki1.jpg
夏の間草刈りをせずにほったらかしにしていた畑を急遽ソラマメを植える事にしました。先週から慌てて草刈りをしましたが、刈り取った草の量がハンパでないので、野焼きにしました。ここ一週間のカラカラ天気つづきなので刈ったばかりの所もすぐに燃えてしまいます。今日は風も弱いので朝露が乾いた午前11時位から火をつけてみました。風がないとはいえ微風はあるので必ず風下から火を付けるのがコツです。風上からつければ大変な事になってしまいます。古代から野焼きは行われていたようです。関東ローム層は縄文人達がたびたび野焼きを繰り返した結果出来たと、唱える人もいるそうです。

06undoukai1.jpg
今日は保育園の運動会でした。今週は台風15、16号が同時発達して、低気圧に変わりながらも、勢力は増してほぼ同時に日本列島に接近してきたという珍しいケースでした昨日の館山は朝から雨が降り続き午後からは5mの北風が吹き大荒れの天気でした。とても運動会の開催は難しそうでしたが、今日の館山は低気圧が東の海上にありますが。久しぶりの快晴です。運動会日よりです。

tatekuukitisai6.jpg
館山市内にある館山航空自衛隊の基地祭を観にいってきました。毎年今頃の時期に開催のようです。ヘリコプター体験搭乗、艦船体験クルーズ、フライトシュミレーター、普段観ることのできない航空機展示など盛り沢山です。

館山の航空隊は戦前からあり館山湾に浮かぶ沖の島、鷹の島の2島を結び埋めたてた海上基地です。滑走路はあまり長く無いようですが、ヘリコプーター基地として知られていて、伊豆諸島などの災害時、緊急時などに活躍している航空隊です。

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。