2006年7月アーカイブ

moroheiyanohana1.jpg
昨日梅雨明けしましたが、気温が低いですね。通常梅雨前線が、北に押し上げた梅雨明けならば、太平洋高気圧が暑い夏を連れてくるようですが、前線が東の太平洋上に消えた感じの梅雨明けなので北の高気圧が冷たい空気が、それに引っ張られた感じの梅雨明けなので、涼しい一日となりましたが、徐々に夏らしくなってゆくそうです。

モロヘイヤの花です。小さな一円玉位でしょうか?

cabutomushi1.jpg
2週間前の7月10日から30℃前後の気温が続いた時は、梅雨前線が北上していたので、これで梅雨明けかと関東に住む方は誰しも思った事ですが、今年の梅雨前線は各地に被害をもたらし、後7月も残り1週間となっているのに梅雨明けは、どうなったのでしょうか?

トウモロコシは今日1回目の植え付け分の収穫が終わり2回目分も来週から採れそうです。今年もトウモロコシ野菜セットのご注文を始めました、ご利用下さい。

toumolokoshikanban1.jpg
無人販売所用に新しくトウモロコシカンバンをお友達のATOM工房さんに作っていただきました。トウモロコシは植え付けを3回位に分けるのですが、一度に沢山出来てしまうので、トウモロコシを売ってますよとご近所の方や通りがかりのお客さんに知らせるために専用のカンバンが欲しいと考えてました。通常のカンバンの倍のサイズなので、まず見落とす事もないとおもいます。

urenokoretomato1.jpg
5月に定植したトマトは日に日に収量が増えています。直売所も順調に売れてゆきますが、生育の方が売れ数を上回り、多少生産過剰です。普通トマト農家は、収穫するときはやや青い内に収穫して市場、運搬、小売店と経過する間に熟成されて、食卓に並ぶ頃合いに真っ赤に熟成するように考えられていますが、畑の前で売る事が前提のうちのトマトは真っ赤になる、ほんのちょっと手前でもぎ取るので、無人販売所で陳列して売れ残るとすでに真っ赤に熟成しています。収量が少ない時は、売れ残りも無かったのですが、今日はこれだけ売れ残りました。

4gosuilosaisou1.jpg
今年も4号水路清掃に参加してきました。昨年同様カンカン照りな天気でもなく作業しやすい天気でした。区画整理のされている田園地区で整備されている水路なのでコンクリート壁の太い下流側からU字溝の細い上流に向かって汚泥を上げて行きます。太い下流は土手の高さも2メートル以上ありスコップを上げるのが辛くて大変ですが、上流は土手が低いのですが、流れが少ないためでしょうか?汚泥がかなり溜まっています。

4号水路に面している田畑を持っている人は全て参加ですが、最近は実際に使っている人と所有者とか違うのが実状です。という私も借用している畑の地主さんから行くように言われているからなのですが、とにかく今年も責任を果たせました。

tomato1.jpg
夏日が続くようになってくると、ズッキーニはいよいよ終わりになってきたようですが、トマトの収量がここ一週間で倍の収穫になってきました。品種はタキイ種苗の桃太郎です。ファイト、エイト、コルト、ジェイ、はるか、ハウス、ホームと桃太郎といっても用途別に様々な品種があるようです。我が家は桃太郎ヨークという品種で大玉が期待できる品種です。

トマトを作った事のある方なら覚えのある事ですが、尻腐れ病というお尻が黒くなってしまう、病気と言うほど大げさな物ではありませんが、売り物にはならなくなってしまいます。これは栽培時にトマトの甘みを出すために、散水を控えるために、カルシュウムなどの吸収などのバランスを崩すためにおこるようですが、再び水を与えてやれば、元には戻ってきやすい現象です。

ところがこの尻腐れになったトマトが実はとても甘みと酸味が増して美味しいのです。尻腐れを沢山出しては、売り物にならないので、早めに対策をとりますが、売れない物は当然我が家の食卓にのぼる事になります。

suicanohana1.jpg
今年2度目の30℃をを記録した館山です。先月29日に30℃を越えていますが、今日の最低気温が24.2℃といよいよ夏らしくなってきました。梅雨前線が北関東、東北方面に北上して太平洋高気圧の勢力がつよいのでしょう。ちょうど、梅雨明けのような湿った南西の風が吹きちょっと蒸し暑い一日でした。

スイカ(マダーボール)の雌花です。花びらの下に白い毛がびっしり生えていますが、そのなかにかすかに、茎が太くまだまだ小さいサイズですが、スイカの形が見えています。
suicanohana2.jpg
こちらは、雄花です。カボチャ、ズッキーニと全く一緒です。しかも雄しべの花粉が着いている先端のヒダヒダはズッキーニそっくりです。

jagaimonokanre1.jpg
3月に植えたジャガイモは毎年、梅雨空の続く6月が収穫になります。天気の合間を見ながら掘り起こして、収穫カゴに集めて小屋で保存します。直ぐに市場へ持ち込めば、管理する必要もありませんが、無人販売所でコツコツ百円で小売りするのが、ウチのスタイルなので、毎年500Kg位小屋で売り尽くすまで、管理しなければなりません。ネズミにかじれたり、カゴの中で蒸れたり、日除けをしていても日焼けして青くなってしまったりします。

特に今年は収穫時に完全に乾かす事が出来ずに収納してしまったので、カゴの中で、痛んできてしまったので、悪い物と売り物に成る物とを区別するために全て外に出して仕分けです。今日は快晴というわけでもなかったのですが、風も多少あり乾燥させるにはまずまずの天気でした。

hinanosatoashyu1.jpg
旧三芳村道の駅の雛の里に今年2月に足湯がオープンしました。このところ夕暮れが遅くなり、ちょっと散歩がてら行ってきました。足湯は無料開放ですが、午後6時までと言うことに成っているそうで、着いた時には、蓋がしまっていました。仕事を終えた従業員の方が疲れをいやすのに、浸かろうとしたところに娘にじっと見られてしまい。「良かったらどうぞ・・・」と言って頂き入る事がてきました。

tombo1.jpg
7月に入りました。梅雨が開けるにはまだ先のようですね。夏の雰囲気を感じる物をみつけました。ハグロトンボのようです。この辺りに水路が多いためにトンボの種類は多いのですが、大抵のトンボは元気良く飛んでいるので、なかなかカメラで追い切れません、このトンボは細くてきゃしゃな感じなので、あまり飛ぶことは得意ではないのでしょうか、とてもエレガントに振る舞っていました。

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。