友輝くん帰国

| コメント(0) | トラックバック(0)

今井友輝くんがなんと帰国出来たそうです。なんとも早い。良かったです。
以下今井友輝くんを救う会より引用

本日、17:30頃無事に成田空港へ到着しました。
 関東地方としては、大雪と言う悪天候のため、フライトスケジュールが乱れ、迎えに行った者達は、確認、連絡に右往左往させられましたが、本人は何事も無かったかのように、いつもどおりの友輝でした。
 空港内の移動は車椅子をお借りしましたが、少しづつ歩けるようになってきています。
 友輝は「早く(自宅へ)帰りたい。」と言っていますが、しばらくは、入院して術後の経過を診なければなりません、寒さと、感染の危険を考えると本人のためかと思います。
 両親からのお礼のコメントをもらっていますので、H/Pにアップしたいと思います。

 後日、きちんとしたお礼のご挨拶をと思いますが、今はただ「ありがとうございました。」という言葉しか思い浮かびません。
今までの活動の中で、どれほど多くの方にお世話になったことか。
ご迷惑をおかけしたことも多々あると思います。
 ご支援いただいた方すべてに、心からのお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

 また、ドナーの方と、ご家族にも感謝いたします。
お礼を言うというのも、適切かどうか判りませんが、友輝の移植が成功した喜びの一方、大切な方を失った方がいらっしゃるということを真摯に受け止めなければならないと思います。
この件に関しては、友輝の両親と幾度と無く話をし、彼らも充分理解しています。自分の子供が死の瀬戸際迄行くという経験をした彼らは、ドナーのご家族の気持ちが判ると思います。
ご冥福をお祈りいたします。

ホントに良かったです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tateyamasuzuki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/165

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2006年1月23日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨天のナバナ出荷」です。

次のブログ記事は「太田市場視察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。